Elec Days

電子工作やelectric的なこと、日常の出来事について、紹介していきます。
Elec Days TOP  >  スポンサー広告 >  プログラミング  >  C言語 >  【C言語】プログラムの使い方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【C言語】プログラムの使い方

このブログにいくつかプログラムが掲載されています。

このプログラムは、ダブルクリックでは開けませんので、ご注意ください。
ダブルクリックで開けました。ダブルクリックのほうがずっと楽です。


プログラムの実行の仕方


①コマンドプロンプトを起動する。

②コマンドプロンプトに「cd」をつけてファイルを保存したフォルダのパス名を入力する。
「 ……… > 」と出ていると思いますが( ……… の部分に書かれているものは各パソコンによって異なります。
その「 ……… > 」の後ろに「 cd パス名 」を入力し、Enterキーを押します。

③「 ……… 」の部分が入力したパス名に変わるので、その後にダウンロードしたexeファイルの名前を入力し、Enterキーを押す。


以上の手順でファイルを実行できます。

※なお、実行できるのは.exe拡張子の実行ファイルだけです。
 .c拡張子のソースファイルは、コマンドプロンプトでは実行できません。
※ここで紹介するプログラムは、ファイルにデータを出力することができます。
 生成されるファイル名はその時刻に関する数列です。これは、ファイル名の重複を防ぐためです。
 ファィル名はご自由に変更してお使いください。


追記(1/26)
Webブラウザー上で、実行ファイルをクリックすると、ファイルを実行するか保存するか選択するウインドウが出てくると思います。そこで、実行を選択すると、ファイルを出力する場合に変なところにファイルが作られます。
お気をつけください。
しいて言えば、「インターネット一時ファイル(Temporary Internet Files)」のフォルダーに保存されていると思います(未検証)。
関連記事
[ 2011/01/08 19:32 ] プログラミング C言語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

elecho

Author:elecho
 
ElecDays にようこそ!!

趣味は、電子的なもの(電子工作やコンピュータ)なので、そういうものについて書くと思います。
あと、学生です。

よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。