Elec Days

電子工作やelectric的なこと、日常の出来事について、紹介していきます。
Elec Days TOP  >  スポンサー広告 >  コンピュータ >  DELL Precision 650の修理(コンデンサ交換)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DELL Precision 650の修理(コンデンサ交換)

こんばんは

今日、Precision 650の修理をしました。
というのは、このワークステーション、しょっちゅうハングアップするし、ブルースクリーンになる。

ソフトウェアの問題じゃなそうなので、パソコンを分解してみることにしました。

「ソフトウェア」というのは、以前は、グラフィックカードのドライバを疑っていて、アップグレードやダウングレードを繰り返してたのです。
なぜなら、ブルースクリーンにドライバーがどんなこんなと書かれていたから。
ただ、それではらちがあかなかった


で、ハードウェアがおかしいとすれば、まずはコンデンサを疑いました。
というのは、先例があるから。

なんかコンデンサが劣化すると漏電とかして異常なことになるらしい。

で、コンデンサをチェックしてみると…


あった、あった、ありました。

とりあえず、怪しいのがいくつかと

ダメなコンデンサは、頭が少し膨らんでいます。
といっても、コンデンサを一つ一つじっくり見てもわかりません。

じゃあどうするか。周りのコンデンサ同士を比較してみるとよくわかります。
何か違うと。


さて、その異常なコンデンサがあったのは…

なんと、グラフィックカード上!

こりゃあ Windows がドライバがなんとかというエラーを吐きますわい。
かなりひどく壊れていた…www

で、コンデンサを交換。

そこで、一つ思ったのが、パソコンのコンデンサって小型化性能がいいね、と。
代替のコンデンサで、もとにコンデンサと形が合うのがない…

ということで、無理やりはめました。


そして、もうひとつはマザーボードの整流部分。

ちなみにこいつ、もう一つ問題がございまして、システムバッテリー(=パソコン内蔵のバッテリー)がすぐきれる。
これもコンデンサが関係していると思っています。



と、いろいろあって(マザーボード外すの大変だったー)、修理したパソコンの電源を付けてみると…

ハングアップしない …のかな?

すぐには分かりません。


ただ、コイツ、前は起動した瞬間にwebブラウザーを開くとか高負荷なことをやらせると、ピューと飛んで行ってしまう…

ところが、今回は大丈夫だった!


この調子だと、これからも大丈夫そうです。
やったー



ではまた
関連記事
[ 2011/05/05 22:05 ] コンピュータ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

elecho

Author:elecho
 
ElecDays にようこそ!!

趣味は、電子的なもの(電子工作やコンピュータ)なので、そういうものについて書くと思います。
あと、学生です。

よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。