Elec Days

電子工作やelectric的なこと、日常の出来事について、紹介していきます。
Elec Days TOP  >  スポンサー広告 >  本の紹介&レビュー >  【本の紹介&レビュー】きちんとわかる時計遺伝子(産総研ブックス)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【本の紹介&レビュー】きちんとわかる時計遺伝子(産総研ブックス)

きちんとわかる時計遺伝子 (産総研ブックス)

中古価格
¥1,108から
(2011/9/27 21:30時点)



この本は時計遺伝子について解説している本です。

時計遺伝子という言葉は聞いたことがないかもしれませんが、体内時計を作り出している遺伝子だと言うと、納得いただけるでしょう。



体の様々な機能は時計遺伝子によって調整されています。


体内時計は、視交叉上核という場所でリズムが作り出されていて、そのリズムが体のいろいろなところ(末梢時計)に伝わることにより、眠くなるとか、その他の体の現象が起こります。

そのため、時差ぼけを多く経験するとがんになりやすかったり(客室乗務員はがんになりやすいらしい)、また、糖尿病やがんなど体のリズムと関係があるような病気だと、同じ薬を飲むにせよ、投薬時間によって効果が激変するのです。


そして、なぜ上記のことが起こるか解明されつつあります。(詳しくは本書を)




この本を読むと、感動しますよ。

iPS細胞の次に、バイオ分野の最先端トピックになるのはこの時計遺伝子(体内時計)であると実感できます。絶対。


難しそうな名前とか、単語が出てきますが、そんなの無視してもいろいろ勉強になるし、おもしろいです。



ぜひ読んで下さい。
かなりオススメします。


では
関連記事
[ 2011/09/27 21:31 ] 本の紹介&レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

elecho

Author:elecho
 
ElecDays にようこそ!!

趣味は、電子的なもの(電子工作やコンピュータ)なので、そういうものについて書くと思います。
あと、学生です。

よろしくお願いします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。